「サテライトオフィスとは」

 

この世の中にはオフィスという言葉が多く使われていますね。その中でも、サテライトオフィスというオフィスがあります。初めて聞く方は少し不思議に思うかもしれません。

なので、今回はこのサテライトオフィスについて紹介していきたいと思います。

サテライトオフィスというのは、企業や団体の本拠店から離れた場所に設置されているオフィスのことを言います。

このオフィスの名前がサテライトオフィスという名前がついた意味というのは、「本拠を中心としてみた時の衛生(サテライト)のように存在するオフィスのようなものではないか」ということから命名されました。そして、このサテライトオフィスには主に二つの意味があります。

 

まず一つ目は、勤務者が遠隔操作をできるように通信設備を整えたオフィスです。

遠隔操作のできるオフィスというのは、通勤による混雑が激しい都市部を避けて、自社の本拠で行う業務と同等の仕事をできるように情報通信設備を整えた勤務者の自宅より近い場所に立地したオフィスのことです。

 

二つ目は、郊外に立地する企業や学校などの団体が、都心に設置した小規模のオフィスです。

都市部に設置したオフィスというのは、郊外に立地した企業や学校が、都心に設置するオフィスもサテライトオフィスと呼ぶことがあります。ほかにも、この二つ目のことはサテライトスペースやサテライト、営業所や事務所と呼ぶこともあります。

このように、サテライトオフィスというのは、主に二つの意味で使用されていて、便利なサービスがあるオフィスになっています。初めて聞いた方もこれでサテライトオフィスの名前の由来なども知ることができたのではないでしょうか?