オフィスのデリバリー

これからの時代において何を考えなくてはならないかそれは見据えるのは「ファストデリバリー」の時代をとらえることかもしれません。 物流の最適化を目指す来たるべき『ファストデリバリー』の時代を見据え、物流の最適化を追求していくことがいえます。そして技術的には、起動しているアプリの位置情報を基にした人員配置のさらなる最適化も可能という。サービスエリアについては、年内をめどに都内の主要なオフィス街すべてに広げることを視野に入れており、各地の特性に応じたオペレーションで、引き続き埋もれたオフィスランチ需要を徹底して掘り返していく。このオフィス弁当の新サービスにはこうした徹底したスピード化の先に見据えるのは、物流の最適化があるのです。これまでは「ほんの数年前は、注文したものが1週間後に届く世界に、何の不満もなかった。それが、今では注文した翌日に届くのが当たり前。1週間も後と言われたら、そんなに遅いならやめます、となる。人はどんどん便利さに慣れていくんです。注文して数時間、数十分後に物が届く時代、『ファストデリバリー』の時代が、近い将来に必ず来るはずです」といわれています。そのような未来志向なサービスは今後 オフィス間のあいだでもっと、拡大していくのではないでしょうか。