オフィスへの新提案

オフィス向け弁当がなぜあたったのかそれは、当初予定していた配送エリアをひとまず渋谷区の一部に制限するなど軌道修正を余儀なくされたが、一方で、サービスの需要が決して小さくないことを印象付けたのであります。このアイデアの出発点にはECサイト運営を通じ「即日配送」の可能性を直感したことが始まりといわれています。「日ごろからビジネスマンの食生活に物足りなさを感じていた」この仕組みについては2014年1月の創業。数十人が登録しているアルバイト配達スタッフを除けば、たった2人だけという小所帯だったことも驚きのひとつであろうといえる。そしてこんぼオフィス向けサービスの起源は、5年ほど前にさかのぼる。創業者は「自分のいたソーシャルゲーム事業で言えば、開発やユーザー対応に追われてランチタイムに外に出られないといったことは日常茶飯事でした。そうなると、ランチの選択肢は良くてコンビニ、時には食べられないことだってある。もっと気軽に、しっかりしたものを食べられるようにしたいという問題意識がありました」といっているようビジネスモデルを早くから考えていたことが伺えます。にこの今度は高校時代の同級生が立ち上げた誕生日ケーキのECサイト『クリックオンケーキ』にかかわることになったことで、そのアイデアのストックがなさせていくことになったのです。