「オフィスとは」

オフィスというのは昔からよく聞く名前でどこでも利用されていますよね!ですが、オフィスというのは知られているようで、知られていないことが多いと思います。

今回はオフィスについて詳しく紹介していきたいと思います。

オフィスとは、簡単にいうと事務作業を行う部屋のことを言います。主に事務所や事務局、事務室のことをオフィスと呼んでいます。他の意味としても、オフィスソフトの略としても用いられていて、マイクロオフィスのことを指していることもあります。

欧米の方では、オフィスにおける作業は、組織運営や規則を定める、企画検討、公的執務役員や弁護士の執務などの作業の意味をもつ場合があります。それだけでなく、一人専用の執務や作業の意味をもつ場合があります。

ですが、日本のオフィスというのは欧米のような意味をものはあまりありません。製造工場や店舗商業施設などでも、その支援のために実務作業を行う場所というのはオフィスです。

オフィスで働くことをオフィスワークと呼んでいて、オフィスワークを行うことを主な目的としてつくられた建物のことをオフィスビル、そしてオフィスそのものを設計することをオフィスデザインと言います。

オフィスには、以上のように場所や空間スペース施設を表す形態的意味とビジネス情報処理を行うといった機能面を表す概念的な意味をもっています。情報通信技術やコンピュータの発展に伴い、情報処理「いつでも」「どこでも」行えるようになってきたため、コンピュータ上に作り出される概念的オフィスをバーチャルオフィス(仮想オフィス)と呼んでいます。

オフィスはコンピュータの発展につれて、知的労働の場として意味合いが重視されるようになっており、ビジネスの現場ではオフィス環境による知的生産性向上が問われるようになってきています。

このように、オフィスには欧米と日本で意味が少し変わっていて、多くの種類があります。オフィスについては知っていることが多いと思いがちですが、知らないことも多くあります。これを機会にオフィスについて詳しくなることもこれからの将来に役に立つことがあるかもしれませんね。そしてこれから利用することもあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>